DTMで作曲 ストリングスの打ち込み方

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

ヴァイオリンやチェロなどのストリングス(弦楽器)は、演奏方法を学ぶ機会の少ない楽器だと思います。

パソコンで作曲を行うDTMにおいて、どのようにストリングスを打ち込めばいいのか、最初は分かりませんよね。

 

私も作曲をはじめた頃は、ストリングスの演奏方法が分からず、適当に打ち込んでいました。

 

その頃、私が通っていた音楽の専門学校にて、「ストリングスの打ち込み方」を学びました。

 

これをマスターすることで、よりストリングスらしいサウンドを、表現できるようになったのです。

 

そこで今回は、「ストリングスの打ち込み方」を、ご紹介したいと思います。

 

使うストリングスを決めよう

ストリングスには、さまざまな種類があります。

ここでは、よく使われる4つのストリングスを、ご紹介します。

 

ヴァイオリン

音域:高い

 

ヴィオラ

音域:やや高い

 

チェロ

音域:やや低い

 

コントラバス(ダブルベース)

音域:低い

 

それぞれのストリングスの音域を活かして、適切に使い分けることが大切です。

その具体的な方法について、順を追って解説していきます。

 

コード進行を作ろう

コード進行とは、複数のコードを連立させて、音楽を進行させるものです。

コード進行の作り方については、「ピアノで作曲 曲のクオリティを高めるコードの作り方」という記事で、分かりやすく解説しています。

こちらの記事を参考に、コード進行を作りましょう。

また、これからの解説に出てくる音楽用語についても、こちらの記事をご参照ください。

 

例として、ピアノでこんなコード進行を作ってみました。

 

オープンボイシングに変化させよう

ボイシングとは、コードの音の配置のことです。

ボイシングについては、前述の「ピアノで作曲 曲のクオリティを高めるコードの作り方」という記事で、分かりやすく解説しています。

このボイシングを適度に開いた形にしたのが、オープンボイシングです。

 

例えば、先ほど作ったコード進行を、下のようにするとオープンボイシングになります。

それぞれのコードのルートと3度の音を、1オクターブ下に移動しました。

1オクターブとは、その音から12音上か下の、同じ音のことです。

2オクターブなら24音、3オクターブなら36音上か下の音となります。

このとき、音と音の間隔は極端に開けすぎないように、注意してください。

 

ルートと3度の音を下に移動させたのは、ルートを低い音で、ベースとして鳴らすためです。

しかし、他の楽器でベースを鳴らす場合は、ストリングスでベースを鳴らさなくても問題ありません。

このように、コードをオープンボイシングに変化させることで、ストリングスらしいサウンドを表現できます。

 

ストリングスを割り当てよう

それぞれのストリングスを、音域に合わせて割り当てましょう。

つまり、一番高い音から「ヴァイオリン→ヴィオラ→チェロ→コントラバス」という順に、割り当てていきます。

 

実際に、それぞれのストリングスを割り当てました。

 

フレーズを作ろう

このままでは単調なので、簡単にフレーズを作ってみましょう。

コードとコードの繋ぎを、なめらかにするようなイメージで少し変化させるだけで、よりストリングスらしいサウンドになります。

例として、こんなフレーズを作ってみました。

音を変化させたことで、コードも変化しましたね。

このとき、他の楽器に使われているコードもよく確認し、音がぶつからないように注意してください。

これについては、「ピアノで作曲 音がぶつからないメロディーとコードの作り方」という記事で、分かりやすく解説しています。

 

まとめ

ここまで述べたように、コードをオープンボイシングに変化させ、適切にストリングスを割り当てることがポイントです。

 

この記事でご紹介したテクニックをマスターすれば、よりストリングスらしい演奏を、打ち込みで表現できますよ。

 

ぜひ、あなたが次にストリングスで曲を作るときに、参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ