作曲のコツ より良い曲を作る方法

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

手間を掛けて作曲をするからには、より良い曲を作りたいですよね。

作った直後は良い曲に感じても、後で聴いてみて後悔する、なんてことはありませんか?

 

私も作曲をはじめた頃は、曲が完成した数日後にやっぱり修正したい、ということがよくありました。

 

その頃、私が通っていた音楽の専門学校にて、「より良い曲を作る方法」を学びました。

 

これにより、曲が完成した後に後悔する、ということが格段に減ったのです。

 

そこで今回は、「より良い曲を作る方法」を、ご紹介したいと思います。

 

曲を寝かせよう

具体的には、曲が完成したらあなたが就寝し、次の日にもう一度チェックします。

集中して作業をしていると、耳の感覚がマヒしてきて、正しい判断ができなくなります。

一度休息を取ることで、耳の感覚が正常に戻り、正確かつ客観的に曲を聴くことができるでしょう。

 

これは、曲全体の完成時だけにとどまりません。

例えば、メロディーが完成したときなど、ひとつのパートが完成したときも同様です。

時間がある限り、ひとつのパートが完成する度に、休息を取ることが効果的です。

 

寝ていたら間に合わない!

曲の締め切りが目前で、寝ている時間が無いという場合は、短時間でも良いので休憩を取りましょう。

たった数分の休憩でも、曲の仕上がりに大きく影響します。

曲の提出前にその場から離れ、一息つくことがとても大切なのです。

 

もちろん、ひとつのパートが完成する度に、短時間の休憩を取ることも効果的です。

 

まとめ

ここまで述べたように、曲全体およびひとつのパートが完成する度に、曲を寝かせることが大切です。

 

この記事でご紹介したことを取り入れれば、曲が完成した後に後悔する、ということが各段に減りますよ。

 

ぜひ、あなたが次に曲を作るときに、試してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ