キャラクターのイラストに馴染む線画の色の塗り方

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

キャラクターのイラストにおいて、線画がイラストに馴染まず、浮いてしまうことってありますよね。

 

私もキャラクターのイラストを描きはじめた頃は、いつも線画を黒の単色でしか描いていなかったため、浮いてしまっていました。

 

もっと線画をイラストに馴染ませたいと思った私は、プロが描くイラストの動画を観て、研究しました。

そこで、「キャラクターのイラストに馴染む線画の色の塗り方」を、学んだのです。

 

このテクニックを取り入れることで、イラストの一体感が飛躍的に向上しました。

 

そこで今回は、「キャラクターのイラストに馴染む線画の色の塗り方」を、ご紹介したいと思います。

 

線画のレイヤーを分けよう

レイヤーとは、絵を描く面のことです。

複数の絵のパーツを、別々のレイヤーに描き、それを重ね合わせて絵を完成させることができます。

これを活用することで、後に絵の修正がしやすいなど、さまざまなメリットがあります。

ちなみに、画像は「ペイントツールSAI」という、お絵描きソフトのものです。

今回は、このソフトをもとに解説しますが、他のソフトでも同じようなことができると思います。

 

キャラクターの「肌」や「髪」など、後に異なる色を塗るパーツの線画は、ペン入れの工程でなるべくレイヤーを分けましょう。

ペン入れとは、下描きの工程で大まかに描いた絵を、上から写すように丁寧に描き直すことです。

こうすることで、後に線画の色を塗りやすくなります。

もちろん、必ずレイヤーを分けないといけない、というわけではありません。

細かいパーツでレイヤーを分けるのが億劫な箇所は、分けなくても結構です。

私は、「顔のパーツ・肌・髪・服・その他」と、線画のレイヤーを5つくらいに分けています。

 

クリッピングマスクを活用しよう

クリッピングマスクとは、下のレイヤーに描いた範囲にだけ、上のレイヤーに描くことができる便利な機能です。

設定方法は、「下のレイヤーでクリッピング」にチェックを入れて完了です。

 

色を塗る線画の上にレイヤーを作り、クリッピングマスクを設定しましょう。

異なる色を塗るときは、その都度レイヤーを追加し、すべて別々のレイヤーに塗ることが大切です。

 

キャラクターの色の暗い色を塗ろう

線画と隣接するキャラクターの色をスポイトで取り、その色の暗い色に設定します。

スポイトとは、クリックした箇所の色を取ることができる、便利な機能です。

スポイトに持ち替えて、イラストの欲しい色の箇所を、クリックしましょう。

 

そして、先ほどクリッピングマスクを設定したレイヤーに、線画の色を塗ります。

例えば、「肌」なら肌色をスポイトで取り、それを変化させて暗い肌色に設定します。

暗さが足りないと線画が見えなくなってしまいますので、注意してください。

 

レイヤーを分けてある線画は、「バケツ」に持ち替えてベタ塗りするだけで、完了します。

ベタ塗りとは、単色で塗りつぶすことです。

レイヤーを分けていない箇所は、通常の「筆」に持ち替えて、細かく塗りましょう。

 

実際に、下のイラストの線画に色を塗りました。

このように、線画に色を塗ることで、イラストに一体感が生まれます。

 

まとめ

ここまで述べたように、なるべくレイヤーを分けて線画を描くことと、クリッピングマスクを活用することがポイントです。

あとは、線画と隣接するキャラクターの色の暗い色を、別々のレイヤーに塗って完了です。

 

この記事でご紹介した、「キャラクターのイラストに馴染む線画の色の塗り方」を取り入れれば、イラストの一体感が飛躍的に向上しますよ。

 

ぜひ、あなたが次にイラストを描くときに、さっそく試してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ