若い人も選挙に行くことが大切な理由

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

「選挙に行かない若者が多い」という話は、よく耳にしますよね。

さまざまな理由で、選挙に行くことを億劫に感じている若い人が、多いのです。

 

私も、選挙には行っていたものの、以前は選挙に行くことを億劫に感じていました。

 

しかし、ある選挙演説の動画を観たことで、「若い人も選挙に行くことが大切な理由」を知りました。

 

これにより、今では進んで選挙に行くことができています。

 

そこで今回は、「若い人も選挙に行くことが大切な理由」を、ご紹介したいと思います。

 

若い人をターゲットにする候補者を増やせる

選挙に行かない理由のひとつに、「投票したい候補者がいない」というものがあります。

しかし、これは順番が逆なのです。

投票したい候補者が現れてから、選挙に行くのではありません。

選挙に行くことで、投票したい候補者が現れるのです。

どういうことかと言うと、現在は若い人の投票率が低いです。

そのため、若い人をターゲットにした政策を掲げる候補者が、少ないのです。

つまり、若い人の投票率を上げることで、若い人をターゲットにする候補者が増えるということです。

 

そうは言っても、投票したい候補者がいなければ、名前を書くことは難しいですよね。

その場合は、あなたの理想に最も近いと思う候補者を、消去法で探してみてください。

きっと、あなたが投票すべき候補者が、見つかりますよ。

 

また、選挙に行かない理由のひとつに、「政治に興味がない」というものもあります。

しかし、選挙は国民に与えられたせっかくの権利ですので、最初は興味がなくても頑張って行くことが大切です。

そして、若い人の投票率を上げることができれば、若い人をターゲットにする候補者が増えます。

そうなれば、若い人にとっても興味深い政策を掲げる候補者が増え、選挙に行くことが億劫ではなくなるはずです。

 

まとめ

ここまで述べたように、若い人の投票率を上げることで、若い人をターゲットにする候補者が増えます。

そのため、最初は興味がなくても、頑張って選挙に行くことが大切です。

 

この記事でご紹介したことが、若い人の投票率の向上に少しでも貢献できることを、願っています。

 

ぜひ、選挙に行くことを億劫に感じている若い人は、参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ