これだけで痛くない!腰痛が悪化しない「くしゃみ」の仕方

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

腰痛のときに「くしゃみ」をすると、その振動が響いてとても痛いですよね。

 

私も腰痛になりやすく、「くしゃみ」をもよおす度に、激痛に恐れおののいていました。

 

そんなある日、偶然ある方法で、腰痛時に「くしゃみ」をしても痛くならないことを発見したのです。

 

これにより、今では腰痛時の「くしゃみ」の恐怖に震えることはなくなりました。

 

そこで今回は、腰痛が悪化しない「くしゃみ」の仕方を、ご紹介したいと思います。

 

動かないものを押さえよう

机やタンスなどの重くて動かないものを、両手でしっかりと押さえた状態で、「くしゃみ」をしましょう。

たったこれだけで、体の振動がおさえられ、腰痛が痛くならないのです。

 

唾が飛ぶんだけど?

両手がふさがっている状態で「くしゃみ」をすることになるので、口を押さえられず唾が飛んでしまいます。

マスクをしていれば問題ないのですが、していない場合は二の腕やお腹の方に顔を向けましょう。

 

まとめ

ここまで述べたように、重くて動かないものを押さえた状態で、「くしゃみ」をしましょう。

 

たったこれだけで、腰痛時の「くしゃみ」を恐れることがなくなりますよ。

 

ぜひ、あなたが次に腰痛を発症したら、この「くしゃみ」の仕方を試してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ