塩分を摂りすぎると危険!塩分を控える方法

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

塩分を摂りすぎると、さまざまな病気の引き金となる、高血圧を発症する恐れがあります。

濃い味の食べ物が好きな方は、ついつい多めに調味料をかけて、塩分を摂りすぎてしまいますよね。

 

私も、濃い味の食べ物が好きで、いつも多めに調味料をかけていました。

 

その結果、高血圧を発症し、治療を余儀なくされたのです。

そして、薬での治療に加えて、医師から「塩分を控える方法」を教わりました。

 

これを取り入れることで、今では適切な量に、塩分を控えることができています。

 

そこで今回は、「塩分を控える方法」を、ご紹介したいと思います。

 

塩分を控える方法

塩分の摂取は、一日6gまでが適量と言われています。

そうは言っても、一日6gという量はかなり少なく、この量におさえるのは難しいものです。

まずは、味噌や醤油などの調味料を減塩のものに変え、使う量も減らしましょう。

また、塩分の多い加工食品は、なるべく控えることが大切です。

 

ここで注意していただきたいのが、食品の成分表に記載されている、ナトリウムの量です。

ナトリウムの量は、塩分の量とは異なります。

塩分の量は、ナトリウムの量に「0.00254」をかけたものです。

例えば、ナトリウムの量が「1000mg」の場合、塩分の量は「2.54g」となります。

成分表にナトリウムで記載されている場合は、「0.00254」をかけて塩分の量を算出し、一日6g以内におさめるよう心がけましょう。

 

低塩分で美味しい料理を作ろう

少ない塩分で美味しい料理を作れるように、工夫しましょう。

具体的には、丁寧にダシを取るということです。

低塩分で作れる料理本も出版されていますので、興味のある方は、購入してみてはいかがでしょうか。

 

料理ができない、めんどくさいという方は、低塩分のおかずを取り寄せるのがオススメです。

私は以前、「メディカルフードサービス」というサイトで、低塩分のおかずを購入していました。

おかずは冷凍ですので、取り寄せる場合は、冷凍庫のスペースを確保しておいてください。

豊富なメニューがあり、どれもとても美味しいですよ。

 

まとめ

ここまで述べたように、塩分を摂りすぎると高血圧になる恐れがあり、大変危険です。

 

この記事でご紹介したことで、塩分の摂りすぎにより高血圧を発症する方が、減ることを願っています。

 

ぜひ、濃い味が好きという方は、さっそく減塩を取り入れてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ