低たんぱくの食事を美味しく食べる方法

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

腎臓を患っている方は、腎臓への負担を減らすために、食事を低たんぱくのものにする必要があります。

しかし、これはあまり美味しくないことが多いため、食べている方はつらいですよね。

 

私も腎臓を患っており、以前はあまり美味しくない低たんぱくの食事を、我慢して食べていました。

 

そんなとき、病院の栄養士の方が「低たんぱくの食事を美味しく食べる方法」を、教えてくれたのです。

 

これにより、今では以前よりも美味しく、低たんぱくの食事を食べることができています。

 

そこで今回は、「低たんぱくの食事を美味しく食べる方法」を、ご紹介したいと思います。

 

低たんぱくの食品と通常の食品を混ぜよう

主食となるごはんやパン、めん類などは、たんぱく質が調整された特別用途食品に変える必要があります。

他にも、でんぷん米やでんぷんめんなど、さまざまな種類があります。

しかし、私はこれらを実際に食べましたが、あまり美味しくないものが多いのです。

 

食べるのがつらいという場合は、低たんぱくの食品と通常の食品を、混ぜてしまいましょう。

例えば、ごはんなら低たんぱくのお米と、通常のお米を混ぜて炊きます。

これにより、通常のお米の旨みが混ざり合い、少しでも美味しくなるはずです。

めん類も、低たんぱくのめんと通常のめんを、混ぜることができます。

混ぜることができないパンは、低たんぱくのパンと通常のパンを、重ねて食べるのが良いでしょう。

 

通常の食品を混ぜた分、おかずのたんぱく質を減らします。

そのため、摂取したたんぱく質の量を計算し、メモを取ることが大切です。

一日に摂取できるたんぱく質の量は、患者さんによって異なりますので、医師によく確認してください。

 

たんぱく質の多い食品は別々にしよう

たんぱく質の多い肉や魚、卵などは、3食で重ならないようにしましょう。

朝は卵、昼はめん類、夜は肉か魚というように。

そして、たんぱく質の少ないおかずを増やすことで、食卓が豊かになります。

 

合わせて、たんぱく質の多い食材を減らし、その分たんぱく質の少ない食材を増やします。

こうして、おかずのボリュームを保ちつつ、美味しい低たんぱくの食事が作れるはずです。

そのため、買い物をするときは、よく成分表を確認することが大切です。

 

味を染み込ませよう

例えば、チャーハンや丼ものなどの、ごはん全体に味が行き渡る料理がオススメです。

これにより、低たんぱくのごはんが苦手でも、美味しく食べられると思います。

パンは何か上に乗せたり、挟んで食べると良いでしょう。

めん類はスープをより美味しくするために、丁寧にダシを取るのがコツです。

低たんぱくで作れる料理本も出版されていますので、興味のある方は、購入してみてはいかがでしょうか。

 

料理ができない

料理ができない、めんどくさいという方は、低たんぱくのおかずを取り寄せるのがオススメです。

私は以前、「メディカルフードサービス」というサイトで、低たんぱくのおかずを購入していました。

おかずは冷凍ですので、取り寄せる場合は、冷凍庫のスペースを確保しておいてください。

豊富なメニューがあり、どれもとても美味しいですよ。

 

まとめ

ここまで述べたように、低たんぱくの食品はあまり美味しくないことが多いため、少し工夫が必要です。

 

この記事でご紹介したことを取り入れれば、きっと以前よりも美味しく、低たんぱくの食事を食べられますよ。

 

ぜひ、低たんぱくの食事が美味しくないとお悩みの方は、参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ