頭痛を放置すると危険な理由

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

頭痛を発症しても、わざわざ病院に行くのは気が引ける、という方がほとんどです。

たまに頭痛になるくらいなら我慢できますが、しょっちゅう頭痛になる方は、とてもつらいですよね。

 

私も極度と言えるほどの頭痛持ちで、頭痛にならない日はなく、ときには数日寝込むこともありました。

 

しかし、世間的にも我慢できるものという認識が強く、市販の頭痛薬を飲んで放置していました。

 

その結果、頭痛が悪化し、ある病気に発展したのです。

 

そこで今回は、「頭痛を放置すると危険な理由」を、ご紹介したいと思います。

 

脳過敏症候群になる恐れがある

脳過敏症候群とは、脳が異常に過敏な状態になり、さまざまな症状を引き起こすものです。

ちなみに、脳過敏症候群という名前は、厳密には病名ではなく造語です。

 

頭痛が悪化すると、この脳過敏症候群に発展する恐れがあります。

命に別状はありませんが、日常生活に支障をきたすほどの、つらい症状が現れます。

主な症状は頭痛の他に、激しいめまいや耳鳴り、頭鳴(ずめい)などです。

 

私はこれにより、立っていられないほどの状態になりました。

目を開けられないほどの光過敏になり、激しいめまいによる吐き気に見まわれ、休養を余儀なくされたのです。

もちろん個人差はあり、頭痛を放置したら必ず脳過敏症候群になる、という訳ではありません。

しかし、もともと人より神経が過敏な方は、要注意です。

 

神経内科に受診しよう

しょっちゅう頭痛になる方は、市販の頭痛薬に頼らず、神経内科に受診することをオススメします。

市販の頭痛薬は、月に1~2回程度服用するものであり、しょっちゅう服用してはいけません。

市販の頭痛薬を飲みすぎると、薬物乱用頭痛というものに発展し、効かなくなる恐れがあります。

そして、この薬物乱用頭痛がさらに悪化すると、脳過敏症候群に発展するのです。

しょっちゅう頭痛になる方は、神経内科に受診し、適切な治療を受けましょう。

 

頭痛は、薬で完治させることができます。

私は、神経内科に受診したことで、頭痛の頻度をかなり抑えることができました。

 

まとめ

ここまで述べたように、頭痛を放置すると脳過敏症候群に発展する恐れがあり、大変危険です。

 

この記事でご紹介したように、神経内科にて適切な治療を行えば、頭痛を治すことができるはずです。

 

ぜひ、頭痛にお悩みの方は、受診してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ