安いペンタブレットの方がイラストを描きやすい理由

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

パソコンでイラストを描くために必要となる「ペンタブレット」には、さまざまな種類が販売されています。

初めて購入を検討されている方は、どのようなペンタブレットが描きやすいのか、分かりませんよね。

 

私も、どのようなペンタブレットが描きやすいのか分からず、適当に安いものを購入しました。

 

その後、高いペンタブレットでイラストを描く機会がありました。

 

しかし、安いペンタブレットの方が描きやすいと感じたのです。

 

そこで今回は、「安いペンタブレットの方がイラストを描きやすい理由」を、ご紹介したいと思います。

 

本体のサイズが小さい

5千円から1万円程度で購入できる安いペンタブレットは、本体のサイズが小さいです。

これは、一見描きづらそうに見えるかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ小さい動作で描けるため、私は大きくて高いペンタブレットよりも、描きやすいと感じています。

 

そして、小さいペンタブレットは持ち運びにも便利ですし、スペースを取らないところもメリットです。

 

機能がシンプル

高いペンタブレットは、安いペンタブレットと比べて、多くの機能がついています。

しかし、私はこれらを使いません。

「undo(アンドゥ)」はパソコンのキーボードで「Ctrl+Z」、ズームはマウスのホイールで行っています。

undoとは、直前の操作を取り消して、元の状態に戻すことです。

ズームとは、画面の拡大縮小のことです。

 

安いペンタブレットでも、ペンやタブレットにボタンがついているものがあります。

これらに、設定でundoを割り当てることができます。

ホイールもタブレットについているものがあり、これでズームを行えます。

私はこれだけで充分であり、むしろシンプルで使いやすいと感じています。

 

液晶ペンタブレットは見ない

液晶ペンタブレットとは、ペンタブレットとディスプレイが一体化したような、比較的高価な製品です。

ペンタブレット自体に画面がついており、この画面を直接なぞるように、イラストを描くことができます。

しかし、私はこの画面は見ないだろうなと思います。

私にとってペンタブレットにおける最大のメリットは、描いているところが手で隠れて見えない、ということがないところです。

これにより、キャラクターの目の配置などの、左右のバランスが取りやすいのです。

 

液晶ペンタブレットは、紙に描くのと同じように、画面が手で隠れてしまいます。

そのため、私はこの画面は見ないだろうなと思うのです。

 

まとめ

ここまで述べたように、私は安いペンタブレットの方が、イラストを描きやすいと感じています。

 

この記事でご紹介したことが、ペンタブレット選びのヒントになりましたら幸いです。

 

ぜひ、ペンタブレットの購入を検討されている方は、参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ