SAIでイラスト 綺麗な「塗りつぶし」のやり方

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

イラストにおいて、単色で塗りつぶすことを、「ベタ塗り」と言います。

ベタ塗りはイラストの塗りの下地となり、仕上がりを左右しますので、綺麗に行いたいですよね。

 

私もイラストを描きはじめた頃は、綺麗に範囲を選択して、ベタ塗りする方法を知りませんでした。

 

その方法について調べ、実際にいろいろ試した結果、ある結論にたどり着いたのです。

 

これにより、綺麗に範囲を選択して、ベタ塗りすることができるようになりました。

 

そこで今回は、「綺麗なベタ塗りのやり方」を、ご紹介したいと思います。

 

手作業で範囲を選択しよう

ほとんどのお絵描きソフトには、画像の境界に沿って、範囲を一括で選択できるツールが備わっています。

これにより、イラストの線画などの範囲を即座に選択し、ベタ塗りすることができます。

しかし、これは精度に限界があり、綺麗に選択することができません。

画像の境界がはっきりとした部分ならまだしも、境界が曖昧な部分は、特に精度が悪くなります。

例えば、鉛筆などで描いた濃度の低い線画は、境界が曖昧です。

手間はかかりますが、手作業で丁寧に範囲を選択することが、綺麗なベタ塗りにつながります。

 

綺麗に範囲を選択するコツ

今回は、パソコンで絵が描ける「ペイントツールSAI」というソフトもとに、解説していきます。

 

「選択ペン」「選択消しゴム」の、ブラシサイズを少し太めに設定し、これらを使い分けながら選択していきます。

まずは、「選択ペン」に持ち替えて、ベタ塗りしたい範囲を少し選択します。

そして、「選択消しゴム」に持ち替えて、はみ出した部分を消します。

「選択ペン」と「選択消しゴム」の片側に沿って、正確に選択し、消すことが大切です。

この方法を繰り返し、選択が完了したら、「バケツ」に持ち替えてベタ塗りします。

以上で、ベタ塗りの完了です。

 

まとめ

ここまで述べたように、「選択ペン」と「選択消しゴム」を使い分け、手作業で丁寧に選択することがポイントです。

 

この記事でご紹介した方法を取り入れれば、綺麗にベタ塗りすことができますよ。

 

ぜひ、あなたが次にイラストを描くときに、さっそく試してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ