SAIでイラスト オススメのブラシの設定

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

パソコンで絵が描ける「ペイントツールSAI」というソフトにおいて、「鉛筆」や「筆」などのブラシの設定を知っていると、とても便利です。

しかし、初期設定のブラシしか使っていないという方は、多いですよね。

 

私も、ペイントツールSAIでイラストを描きはじめた頃は、初期設定のブラシしか使っていませんでした。

 

もっとイラストを描きやすくしたいと思った私は、さまざまなブラシの設定について調べ、実際に試しました。

 

そこで知ったブラシの設定を、自分なりにカスタマイズすることで、格段にイラストが描きやすくなったのです。

 

そこで今回は、「オススメのブラシの設定」を、ご紹介したいと思います。

 

ブラシの設定方法

初期設定のブラシの設定を変更してしまうと、もとの設定に戻したいときに困りますので、ブラシを追加して設定を変更しましょう。

 

ブラシの空欄の箇所を右クリックし、「鉛筆」や「筆」などを選択して、ブラシを追加することができます。

 

ブラシをダブルクリックし、分かりやすい名前に変更することができます。

「その他」の項目に、名前を入力するのがオススメです。

 

ブラシを右クリックし、「コピーを作成」を選択して、ブラシを複製することができます。

 

「鉛筆」の設定

「鉛筆」を追加し、分かりやすい名前に変更したら、下の画像を参考に設定を変更しましょう。

この設定で、現実の鉛筆のような質感と色の濃さを、表現できます。

 

「筆」の設定

「筆」を追加し、分かりやすい名前に変更したら、下の画像を参考に設定を変更しましょう。

詳細設定は、初期設定のままで結構です。

この設定で、「葉」や「雲」などのふわふわしたものを、表現できます。

 

前述の「筆」を複製し、分かりやすい名前に変更したら、下の画像を参考に設定を変更しましょう。

詳細設定は、初期設定のままで結構です。

この設定で、「山肌」や「木の幹」などの筋を、表現できます。

 

これらの設定を基本とし、描くパーツに応じて調節してみてください。

 

まとめ

ここまで述べたように、ブラシを追加して名前と設定を変更し、調節しながら使い分けましょう。

 

この記事でご紹介した、「オススメのブラシの設定」を取り入れれば、格段にイラストが描きやすくなりますよ。

 

ぜひ、あなたが次にイラストを描くときに、さっそく試してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ