猫も鳴いて喜ぶ 簡単な手作りおもちゃの作り方

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

猫におもちゃを買ってあげると、すぐに壊してしまい、その度にまた買いに行くのは大変ですよね。

 

うちの子はまだ生後2ヶ月の子猫なのですが、すごいエネルギーでおもちゃを振り回し、すぐに壊してしまいます。

 

悩んだ私は、壊してもすぐに取り替えられるよう、手軽な材料でおもちゃを手作りすることにしました。

 

すると、買ってきたおもちゃ以上に、喜んで遊んでくれたのです。

 

そこで今回は、「簡単な手作りおもちゃの作り方」を、ご紹介したいと思います。

 

アルミボール

アルミホイルをただ丸めただけでも遊んでくれますが、軽くなるように工夫することで、より喜んでくれました。

 

「アルミボール」の作り方

材料:アルミホイル(20cm)・ティッシュ(1枚)・ダイソーの細いマスキングテープ

 

(1)アルミホイルを切り出し、つや消しの面を上に置く

 

(2)ティッシュを丸め、アルミホイルの端に置く

 

(3)つや消しの面が表に出ないように、アルミホイルを丸める

 

(4)アルミホイルの切れ目がめくれないように、マスキングテープを十字に貼る

 

以上で、「アルミボール」の完成です。

 

リボン猫じゃらし

いろいろ試したのですが、うちの子はリボンが好きみたいで、全力でじゃれてくれました。

 

「リボン猫じゃらし」の作り方

材料:ダイソーの細いリボン(3m)・紐(1m)・紐が結べる棒・瞬間接着剤

 

棒は、適当なものに切れ目を入れると、紐が結べます。

今回は、前に壊した猫じゃらしの棒を使いました。

 

(1)棒の先端に紐の端を結び、瞬間接着剤で補強する

 

(2)リボンの端を、10cm切っておく

 

(3)リボンを4回重ね、真ん中を紐の端で結び、瞬間接着剤で補強する

 

(4)結んだリボンを2つに折り、10cmのリボンで上部を結び、瞬間接着剤で補強する

 

(5)リボンの端を、ハサミで切る

 

以上で、「リボン猫じゃらし」の完成です。

 

まとめ

ここまで述べたように、猫のおもちゃは手軽な材料で、簡単に作れるのです。

 

この記事でご紹介した、手作りおもちゃを作ってあげれば、あなたの猫もきっと喜んでくれますよ。

 

猫がすぐにおもちゃを壊して悩んだら、ぜひ手作りしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ