弐寺で良いスコアを出すコツ

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

「ビートマニアIIDX」、略して「弐寺(ニデラ)」と呼ばれる音楽ゲームは、曲ごとにプレイの精度に応じたスコアが獲得できます。

これが達成感につながり、楽しみのひとつとなりますので、より良いスコアを出したいですよね。

 

私もこのゲームをプレイしていますが、当然はじめた頃は、スコアが低かったです。

 

もっと良いスコアを出したいと思った私は、試行錯誤しながら、日々練習しました。

 

そして、良いスコアを出すコツを、少しずつつかんでいったのです。

 

そこで今回は、「弐寺で良いスコアを出すコツ」を、ご紹介したいと思います。

 

立ち位置を見直そう

弐寺には、7つのボタンからなる「鍵盤」を押す動作と、「皿」と呼ばれるスクラッチを回す動作があります。

画面の上から降りてくる音符が、下の赤い線に到達した瞬間に、その音符に対応する「鍵盤」と「皿」の動作を行います。

特に、この「皿」が難しいのです。

そのため、立ち位置が「皿」のある方に、寄りすぎてしまいがちです。

それでも良いスコアを出せるという方は、問題ありません。

スコアが低いとお悩みの方は、立ち位置が「皿」のある方に寄りすぎていないか、見直してみてください。

個人差はありますが、「鍵盤」と「皿」の間から、少し「鍵盤」寄りの立ち位置が適度かと思います。

私は、この立ち位置に修正したことで、格段にスコアが良くなりました。

 

姿勢を見直そう

より良いスコアを出すために、極限まで集中していると、気づかずに少しずつ姿勢が前のめりになることがあります。

これにより、目のピントが外れて視界がぼやけたり、手の位置がズレてプレイしづらくなるのです。

プレイ中に姿勢が前のめりにならないように、気をつけてみてください。

 

オプションを設定しよう

弐寺は、さまざまなオプションを設定して、プレイすることができます。

特にスコアを左右するのが、「HI-SPEED」「RANDOM」という、2つのオプションです。

「HI-SPEED」とは、譜面が降りてくるスピードを速めるオプションです。

「RANDOM」とは、それぞれの鍵盤に降りてくる譜面が、選曲するたびにランダムに選ばれるオプションです。

 

「HI-SPEED」を設定することで、譜面の間隔が開き、密度の高い譜面でも認識しやすくなります。

音符が画面に出現した瞬間を認識して、無理なく鍵盤を押したタイミングが、ちょうど「JUST GRATE」になるくらいの速さに設定しましょう。

「JUST GRATE」とは、最も良いタイミングで鍵盤を押したときの判定で、「GRATE」の文字が光って表示されます。

したがって、画面の上の方だけを見て押せるようになることが、必要なテクニックとなります。

最初は速くて認識しづらいと思いますが、慣れるまで練習しましょう。

 

「RANDOM」を設定することで、例えば正規の譜面では「1」の鍵盤に降りてきていた譜面が、他の鍵盤に降りてきます。

これにより、何度も同じ譜面をプレイすることで生じる、手癖を解消できます。

手癖がつくと、思うように指を動かせなくなるのです。

また、押しづらい譜面の配置を変化させ、押しやすい配置にできる場合も多くあります。

正規の譜面が押しやすい場合をのぞき、プレイするときは常に「RANDOM」をかけるくらい、多用しましょう。

 

この2つのオプションを適切に設定することで、より良いスコアの獲得につながるはずです。

 

曲をよく聴こう

曲の中で、特にリズムを刻んでいる音をよく聴きながら、プレイしましょう。

それと同時に音符をよく見て、どの音符がどのようなリズムになっているのかを、正確に認識します。

 

また、下の赤い線に到達する瞬間まで音符を見ていると、次に降りてくる音符の認識が間に合いません。

画面の上の方だけを見て、早い段階で音符のリズムを認識することが、必要なテクニックとなります。

そのため、曲をよく聴くことで、より音符のリズムを認識しやすくなるのです。

 

深呼吸をしよう

私は、プレイに集中しすぎて、気づかずに無呼吸になることがあります。

そして、脳に酸素が行き届かず、集中力が保てなくなるのです。

譜面がそれほど難しくないポイントでは、プレイ中にそーっと深呼吸をしてみてください。

これにより、集中力が途切れることなく、より良いスコアの獲得につながるはずです。

 

「光らせる」ことを優先させよう

「光らせる」とは、「JUST GRATE」を出すということです。

弐寺には、良い方から「JUST GRATE・GRATE・GOOD・BAD・POOR」という、5つの判定があります。

その内、「JUST GRATE・GRATE・GOOD」のどれかを出し続けることで、ノーミスとなりコンボという数字がつながります。

そして、それぞれの判定には、獲得できるスコアが決められています。

「JUST GRATE」が2ポイント、「GRATE」が1ポイント、その他が0ポイントです。

つまり、「GOOD」はミスではないにも関わらず、スコアにおいては「BAD」や「POOR」と同じ0ポイントなのです。

なお、コンボはスコアには全く影響しません。

 

プレイする中でコンボが加算されていくと、ついつい欲が出て、よりコンボをつなぎたくなるものです。

そして、難しい譜面が降りてきた際に、リズムを崩して「GOOD」を出してでもコンボをつなごうとします。

このテクニックは、コンボを最大までつなぐ「フルコンボ」を狙う際は、重宝します。

しかし、良いスコアを狙う際は、0ポイントである「GOOD」を多発させてはいけません。

リズムを崩して複数の「GOOD」を出すよりも、ひとつ音符を見送って「POOR」を出してでも、リズムを崩さないことの方が大切なのです。

 

まとめ

ここまで述べたように、立ち位置と姿勢を見直し、適切なオプションを設定してプレイしましょう。

プレイ中は、曲をよく聴くことと深呼吸をすること、そして「光らせる」ことを優先させることが大切です。

 

この記事でご紹介した、「弐寺で良いスコアを出すコツ」を取り入れれば、より良いスコアの獲得につながりますよ。

 

ぜひ、あなたが次に弐寺をプレイするときに、さっそく試してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ