音ゲーのメリット 現実の音楽のスキルアップにつながる理由

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

音楽ゲームは、単なる娯楽と考える方が、多いですよね。

 

私も、音楽ゲームを単なる娯楽として、長年プレイしてきました。

 

しかし、音楽ゲームは現実の音楽のスキルアップにつながることを、ある時期から実感しはじめたのです。

 

これに気づいてからは、気づく前よりも、音楽のスキルが飛躍的に向上しました。

 

そこで今回は、「音楽ゲームが現実の音楽のスキルアップにつながる理由」を、ご紹介したいと思います。

 

手先が器用になる

音楽ゲームをプレイしていると、手先の器用さが養われます。

特に「ビートマニアIIDX」、略して「弐寺(ニデラ)」と呼ばれる音楽ゲームにおいて、これを実感しました。

DJを再現した音楽ゲームで、指を激しく動かすことが求められます。

 

私は、幼い頃からピアノのレッスンを受けていました。

その後、弐寺をプレイしはじめてからは、ピアノのスキルも飛躍的に向上したのです。

手先の器用さと指の力が身につき、スピーディーな演奏でもリズムがよれにくくなり、さらに指が疲れにくくなりました。

ピアノ以外の楽器でも、手先の器用さは大いに役立つはずです。

 

リズム感が養われる

ひとつでも音楽ゲームをプレイしていると、リズム感が養われ、それがさまざまな楽器の演奏に活きます。

私はピアノの他にも、ギターとドラムを少したしなんでいます。

音楽ゲームをプレイしはじめたことで、いずれの楽器もリズム感が飛躍的に向上し、上達しました。

 

楽器の練習になる

音楽ゲームは現実の楽器とは異なるため、練習にはならないように見受けられますが、そんなことはありません。

前述のように、私は弐寺をプレイしはじめたことで、ピアノのスキルアップを実感しました。

そして、特に現実の楽器に近いのが「ドラムマニア」、略して「ドラマニ」と呼ばれる音楽ゲームです。

その名の通り、ドラムを再現した音楽ゲームです。

音の強弱はありませんが、それ以外は電子ドラムとほとんど変わりません。

私は、このドラマニをプレイしはじめたことで、現実のドラムも叩けるようになったのです。

 

他にも「ギターフリークス」、略して「ギタフリ」と呼ばれる音楽ゲームがあります。

その名の通り、ギターを再現した音楽ゲームです。

これは右手のスナップや、左手の指の動きの練習になり、これが現実のギターでも活きます。

 

このように、基本的に音楽ゲームは音の強弱はありませんが、それ以外は楽器の練習になります。

さらに、ゲームとなると自分の限界を超えて熱中するもので、現実の楽器以上に鍛えられる部分もあるのです。

 

楽器の演奏方法を学べる

特にギタフリやドラマニなど、ひとつの楽器を演奏する音楽ゲームは、その楽器の演奏方法をある程度学べます。

私は作曲をたしなんでおり、作曲には楽器の演奏方法の知識が必要となります。

そのため、音楽ゲームでつちかった楽器の演奏方法の知識が、大いに役立っているのです。

 

編曲が聴き取りやすい

基本的に音楽ゲームは、そのときに演奏している音が聴き取りやすいように、少し大きめに発せられます。

そのため、どのような音でどのような演奏が作られているのか、聴き取りやすいのです。

前述のように、私は作曲をたしなんでいるため、これが編曲のヒントとなっています。

 

音楽のジャンルに詳しくなる

基本的に音楽ゲームは、曲名の他に、その曲のジャンルも記載されています。

そのため、どのような音楽がどのようなジャンルなのかという、知識が身につきます。

 

作曲において、音楽のジャンルの知識を持っていると、大いに役立ちます。

自分のイメージする曲のジャンルが分かると、その曲を作るための情報を、調べやすくなるのです。

 

まとめ

ここまで述べたように、音楽ゲームには現実の音楽のスキルアップにつながる、さまざまなメリットがあります。

 

この記事でご紹介したことを意識して、音楽ゲームをプレイすれば、現実の音楽のスキルアップにつながりますよ。

 

現実の音楽をたしなんでいるという方は、ぜひ音楽ゲームもプレイしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ