子供の教育における「叱る」ことの落とし穴

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

お子さんが悪いことをしたら、「叱る」ことが必要ですよね。

 

私も、幼い頃はやんちゃで、よく両親に叱られていました。

 

しかし、叱り方を誤ると、かえって子供に悪影響を及ぼすことに気づきました。

 

それと同時に、適切な叱り方についても、気づいたのです。

 

そこで今回は、子供の教育における「叱る」ことの落とし穴を、ご紹介したいと思います。

 

トラウマになる

強い言葉で叱りすぎると、それがかえってトラウマとなり、子供に悪影響を及ぼす可能性があります。

具体的には、少しでも強い言葉をかけられただけで、萎縮するようになります。

これにより、大人になってからも萎縮しがちな性格となり、自信をもって発言することが難しくなります。

 

そうは言っても、言うことを聞かなければ、強い言葉で叱るしかないと思いますよね。

そこで、適切に叱る方法を、ご紹介します。

 

「怒る」のではなく「叱る」

子供に注意する際、感情的になって「怒る」のではなく、落ち着いて「叱る」ことが大切です。

「叱る」とは、良い方向へ導くように、指導することです。

そのため、何がなぜいけないのか、子供にも理解できるように教えてあげることが必要です。

どのように説明すれば子供にも理解できるのか、よく考えて叱りましょう。

 

子供だからといって、理解できないということはありません。

一度注意したことを繰り返してしまうのは、注意されたことを忘れているか、興味の強さゆえ欲に勝てないためです。

感情的にならず、根気強く何度でも、丁寧に叱ることが大切です。

しかし、わざと何度も悪いことをするという場合は、強い言葉で叱るべきであると考えます。

 

まとめ

ここまで述べたように、感情的になって「怒る」のではなく、落ち着いて「叱る」ことが大切です。

 

この記事でご紹介したことが、お子さんの教育のヒントになりましたら幸いです。

 

ぜひ、お子さんがいるという方は、参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ