DTMで作曲 ひとつの曲を完成させるまでの効率的な手順

Pocket

こんにちは、作曲家のノーベルです。

Twitter:@NOBEL66235

 

ひとつの曲を完成させるまでには、たいへんな時間と労力がかかります。

そのため、少しでも効率的な手順で、作曲を行いたいですよね。

 

私も作曲をはじめた頃は、どのような手順で進めればいいのか分からず、いつも苦戦していました。

 

その頃、私が通っていた音楽の専門学校にて、パソコンで作曲を行う「DTM」の授業がありました。

そこで、「ひとつの曲を完成させるまでの効率的な手順」を、学んだのです。

 

この手順に沿うことで、迷うことなくスムーズに、作曲が進むようになりました。

 

そこで今回は、「ひとつの曲を完成させるまでの効率的な手順」を、ご紹介したいと思います。

 

用語を覚えよう

これからの解説に必要となりますので、まずは下の用語を覚えましょう。

 

DAW(ダウ)

パソコンで一通り作曲ができる、ソフトの総称です。

「DAW」にはさまざまな種類があり、それぞれ使い方が異なります。

詳しい使い方については、お使いの「DAW」のマニュアルを、ご参照ください。

 

作曲・編曲の手順

作曲はメロディーを、編曲はメロディー以外の演奏を作ることです。

 

作る曲のジャンルを決めよう

音楽でいうジャンルとは、「ロック」や「バラード」などのことです。

最初に作る曲のジャンルを決めることで、方向性が見え、スムーズに作曲を進めることができます。

ジャンルの名前が分からない場合は、参考にする曲を探し、その曲について調べましょう。

 

使う楽器を決めよう

作る曲のジャンルに合わせて、使う楽器を決め、「DAW」に設定しましょう。

例えば、ジャンルが「ロック」なら「エレキギター」や「エレキベース」などの、ジャンルが「バラード」なら「ピアノ」や「ストリングス」などの楽器が使われます。

「ストリングス」とは、「ヴァイオリン」や「チェロ」などの、弦をこすって音を出す「擦弦楽器(さつげんがっき)」のことです。

 

楽器には、多くの種類があります。

どのジャンルに何の楽器が使われるのか調べ、必要な音源を揃えましょう。

 

コード進行を作ろう

コード進行とは、複数のコードを連立させて、音楽を進行させるものです。

コード進行の作り方については、「ピアノで作曲 曲のクオリティを高めるコードの作り方」という記事で、分かりやすく解説しています。

こちらの記事を参考に、先ほど決めた楽器のひとつで、コード進行を作りましょう。

 

作曲は、最初にメロディーを作るというイメージが強いと思います。

しかし、最初にコード進行を作り、次にメロディーを作るという方も多いです。

私は、最初にコード進行を作ることが多いので、この手順をオススメしています。

 

メロディーを作ろう

メロディーの作り方については、「ピアノで作曲 音がぶつからないメロディとコードの作り方」という記事で、分かりやすく解説しています。

こちらの記事を参考に、先ほど決めた楽器のひとつで、メロディーを作りましょう。

 

他の楽器の演奏を作ろう

先ほど作ったメロディーとコード進行をもとに、他の楽器の演奏を作りましょう。

このとき、メロディーとコード進行に使われている音をよく確認し、音がぶつからないように注意してください。

メロディーの合間を埋めるように短いフレーズを入れたり、メロディーと綺麗にハモるようなフレーズを入れるのがコツです。

主役はメロディーですので、メロディーを引き立たせるようなフレーズを、上手に入れることが大切です。

 

楽器には、さまざまな演奏方法があります。

そのため、楽器の知識を身につけることも、必要となります。

実際に楽器を練習したり、調べたりして、演奏方法を学びましょう。

 

ミックスの手順

ミックスとは、すべての音のバランスを整え、ひとつの曲にまとめることです。

 

パラデータを作ろう

パラデータとは、それぞれの楽器の演奏を、別々の音声データに変換したものです。

「DAW」に打ち込んだ演奏を、音声データに変換することを、「書き出す」と言います。

パラデータは、ミックスに必要となりますので、用意しましょう。

 

ボリュームを調節しよう

パラデータを「DAW」に読み込み、それぞれの楽器のボリュームを、バランスよく調節しましょう。

このとき、主役であるメロディーが、他の楽器に負けないように注意してください。

 

パンを振り分けよう

パンとは、楽器の左右の配置のことです。

すべての楽器の配置が中央のままだと、音が重なって聴き取りにくいです。

しかし、パンを細かく振り分けることで、聴き取りやすく調節することができます。

 

さらに細かく調節しよう

基本的には、それぞれの楽器の音圧や、音域ごとのボリュームの調節を行います。

音圧は「コンプレッサー」、音域ごとのボリュームは「イコライザー」というものを使います。

 

まずは、演奏のボリュームのばらつきを、音圧を上げることによって安定させます。

そして、音域ごとのボリュームのばらつきを、細かく調節して安定させます。

すべての音をひとつの箱におさめるようなイメージで、調節してみてください。

 

エフェクトをかけよう

エフェクトとは、音楽でいう音のひずみや、残響音などの効果のことです。

「エレキギター」の音をひずませたり、「ボーカル」にやまびこのような残響音をつけるなど、多くの使い方があります。

 

仕上げ

最後に、曲全体の音圧を「コンプレッサー」で上げます。

このとき、音圧を上げすぎて音を潰し合わないように、注意してください。

そして、何度も聴いて音のバランスをチェックし、ひとつに書き出して完成です。

 

まとめ

ここまで述べたように、ひとつの曲を完成させるまでには、多くの工程があります。

 

この記事でご紹介した手順に沿えば、迷うことなくスムーズに、作曲が進むようになりますよ。

 

ぜひ、あなたが次に曲を作るときに、参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ